老害

最近思想が老害っぽくなってる。どういう事かというとこういう感じ

まあ人についてどうのこうの言うよりは自分の薄っぺらさにがっかりする事が多い。要するに僕にはコンピューターサイエンスもアルゴリズムの知識もないのに生意気にもclojureなんか勉強してる。100年早いというやつだろう。

関数型言語を勉強する事は為になるし,特にクライアントサイドの設計に関しては参考になる事が本当に多いのだけど,それよりインフラとかコンピューターとかしっかり勉強した方がいいかな…と思ってる。

あと,僕はメインでJava,ちょっとしたツールCLIPythonを使うのだけど,Javaを何となくdisったりPythonはもう枯れた言語だから…みたいなニュアンスで語る事は良くないと思う。JavaだろうがPHPだろうが本当にスペシャリストなんだったらGoogleでだってFacebookだってエースになれるし,まあそういう人は大概色々な言語に精通していたりするけど,僕みたいな凡人はまず1つか2つのプログラミング言語をしっかり使いこなさないと話にならない。

要するに僕のプログラミング能力は薄っぺらいので死ぬほど勉強しないといけないのだ。