エモい

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

3連休に読んだ。とにかくエモい。

羽海野チカさんの才能すごくて並みの漫画とは違う圧倒的何かを感じる。一見少女漫画風の可愛い絵なのだけど,ここまで人間の孤独や心情を描ける人というのはお目にかかった事ないなと思った。

将棋の勉強とプログラムの勉強似てて,例えばすごい人のコード読むのと棋譜並べるの似てたり,詰将棋アルゴリズムの問題解くの似てる気がした。技術の勉強もすればするほど分からない事や知りたい事が出てきて,永遠にも思える道が苦しく思う事も最近はあるのだけど,それでもやっていくしかないみたいな感じでモチベーションアップした。